社労士の資格だけでは、独立した時に不安だという人も多いのではないでしょうか? 確かに、他の資格も取得していた方が仕事の幅を広げることができるというメリットはあります。 では、一体どのような資格を一緒に取った方が良いのでしょう。 社労士と一緒に取りたい資格は、以下の4つです。 ・ファイナンシャルプランナー ・税理士 ・司法書士 ・行政書士 保険や金融系の企業で働きたいという場合や、独立してそういった企業と関わりたいという場合は、ファイナンシャルプランナーの資格を取得しておいた方が良いですね。 ファイナンシャルプランナーの資格を取得することによって、資産運用や税金などの知識があることを証明できるので、保険や金融系の企業からの信用を得ることができます。 また、独立開業する場合は、税理士、行政書士、司法書士の資格を一緒に取得しておくのがオススメです。 この三つの資格をどれか一つでも一緒に取得することによって、信頼度がさらに高まるため、クライアントも仕事を依頼しやすくなるでしょう。